山行ブログ

少しお休みいたします。

2020年4月13日


春日井峠の会ではコロナウィルス感染拡大防止のために

全ての山行と定例会をしばらくの間(6月末まで)活動停止といたしました。

そのような訳で、最新のブログをしばらくはお届けできません。申し訳ありません。

一刻も早く、再開(再会)できる日を楽しみに待ちます。

恵那山
4月3日

駐車場から広河原登山口に向かう林道が、崖崩れでふさがっているという想定外の状況に遭遇しました。

(工事の人の話では、4日程前に崩れたそうです。)土砂・岩・倒木を何とか乗り越えましたが、

断続的に続くツルツルの登山道にも苦戦する山行になりました。

弥勒山(カタクリ)

3月29日


昨日29日弥勒山のカタクリを見てきました。未だ蕾も硬く、全く咲いていませんでした。

(写真は比較的蕾が大きいもの)

多分、今度の土日4月4,5日が見ごろかと思います。

木曽 摺鉢山(797m)
3月22日

あまり知られていない山なので、登山道がなく、藪漕ぎを覚悟して登りました。

笹は腰の丈まで伸びていましたが、林業の人が入っているらしい踏み跡に導かれ、

頂上にたどり着くことができました。

恵那山
3月21日

広河原登山口駐車場に8時半頃到着しました。既に40台程駐車していて、ほぼ満車状態でした。

登山口から5cm程の積雪があり、1合目でアイゼンを装着しました。

8合目の尾根に着くと、1m程の積雪がありました。

下山時には、南・中央アルプスや御嶽がクッキリ望めました。

猿投山
3月20日

大荒れの天気でした。

登り始めは気持ちの良い山行でしたが、赤猿峠では、あられ交じりのみぞれとなりました。

直ぐに日差しが戻りましたが、昼食時には寒くて雨模様となり、大正池では、晴れていました。

西穂高岳(ピラミッド・ピーク)

3月11日~13日


西穂のピラミッド・ピークまで行ってきました。

10日は西穂山荘でも雨が降ったとのことで、

雪面は凍っていてアイゼンが底まで全部は刺さりませんでした。

丸山付近では風も強く半ば登頂をあきらめていましたが、

独標あたりから風も弱まり快晴に恵まれ登りましたが、

時間切れでピラミッド・ピークで終わりとしました。

各務原自然遺産の森から八木三山
3月7日

北登山口から登りました。登山道は蕾をつけたヒカゲツツジが見られ、早咲きの気配を感じました。

尾根道ゆえに展望がよく、各務ヶ原アルプスの全貌が望め、

低い山の割に360度の眺望があり、明るい稜線歩きを楽しめました。


富士見台高原
3月1日

山頂から、御嶽山と中央アルプスは見えましたが、南アルプスは雲の中!

今回歩いた東山道は、1300年前に近江から陸奥国多賀城まで諸々に利用され、

道中最難関が、この神坂峠だったそうです。

伊吹山
2月24日

快晴の登山日和でした。高速道路から望む伊吹山は山頂付近が真っ白に見えましたが、

8合目付近から樹氷で真っ白で、積雪も10cm程度ありました。

下山では、9合目付近からは、雪が解けて登山道の積雪がシャーベット状となり、

少し歩きにくかったですが、アイゼンは装着しませんでした。

大川入山
2月24日

今回は、初めてアララギ登山口から登りました。

予想外の強風で寒い山頂からは、黄砂の影響なのか

アルプスの山々が、かすんで見えました。

富士見台高原
2月11日

最高の天気に恵まれ、神坂神社から富士見台高原に登りました。

暖かくて、樹氷が解けてしまわないかと心配しましたが、辛うじて残っていました。

神坂山頂上では、素晴らしい景色に見とれて、長居してしまいました。

鈴鹿  竜ヶ岳
2月9日

宇賀渓の駐車場に全く雪がなく、遠足尾根に登ると10cm程の積雪がありました。

金山尾根の合流点から奥は、30~40cmの積雪がありました。

途中でのんびり昼食をとり、下山予定の13時になったので、

竜が岳に登らず、治田尾根の先のピーク1042mで引き返してきました。

愛宕山
2月9日

寒波襲来の2月9日、明智光秀とゆかりの深い京都愛宕山924mに登りました。

愛宕神社の灯篭に雪が積もり、しっとりとした風情のある山行でした。


浜石岳(静岡県)
2月4日

立春の浜石岳、707mに登りました。河津桜とミカンの穏やかな道。

薩埵峠からの駿河湾と富士山の眺めは素晴らしかったのですが、

頂上では、富士山は雲に隠れてしまいました。

狗留尊山~烏帽子岳
2月9日

曇天で寒い日でしたが、頂上に着くと青空が広がり、中央アルプス・南アルプスが遠望できました。

驚いたことに、通いなれた春日井三山が肉眼で確認できました。

積雪10cm位しかなく、少し物足りませんでしたが、トレースのない山頂に立つことができ満足でした。

賤ケ岳から山本山

1月19日


湖北の山、賤ケ岳から山本山まで歩いてきました。

当初の目的では「雪に親しむ」はずでしたが、肝心の雪が全くありせん。

晩秋の暖かい日和のような山行を楽しみました。

途中には賤ケ岳の合戦の遺跡、さらに時代を遡った前方後円墳が数多くありました。

南沢山・横川山
1月26日

前日降った雪の中、沢コースを登りました。

気温が高く、樹氷は無理かと思いましたが、

頑張って登ったご褒美に、ほんの少し姿を見せてくれました。

大桑村 飯盛山(1,074m)

1月13日

前夜雪が降ったらしく、雪化粧の山歩きを楽しむことができました。

恋路峠から頂上までコースタイム75分ということで、物足りないかなと思っていましたが、

急登有り、道迷いによる藪こぎ有り、新雪によるスリップ有り、となかなか面白い山行になりました。

鈴鹿 入道ヶ岳
1月5日

年初めの山行は、椿神社で今年の山歩きの無事を祈願し、入道ヶ岳に登りました。

前日まで積雪がなかったので雪山を諦めていましたが、

なんとラッキーな事に前夜鈴鹿一帯に雪が降り、待望の雪山歩きができました。

穏やかな天気で、雪を抱いた山々の景色が素晴らしく、1年の良いスタートができました。


中央アルプス前衛の山 傘山
1月5日

前日降った雪は、期待したより少なかったけど、

誰の足跡もない真っ白な道を気持ちよく登ってきました。

山頂は、風がなく暖かく、抜群の眺望でした。

キリマンジャロ

11月16日 ~ 24日


キリマンジャロ山岳医療研修に行ってきました。

登り始めはTシャツでジャングルのうようなところをめずらしい植物を楽しみながら登り、

次第に土と岩だけの景色へ。最後は、5895mの真冬の世界へ到達しました。

タンザニアのポーターさん達は、親切で温かく、厳しくも素晴らしい体験でした。

定光寺から雲興寺(東海自然歩道)
12月23日


定光寺に集合して雲興寺まで20.9km、登りの累計標高が1,356m・を6人で8時間歩きました。

12月末の自然歩道は、落ち葉を踏みしめながらの身体にやさしい歩きでした。

元岩巣山でバンザイ!岩屋堂の参拝!などしながら今年の歩き納めを楽しみました。

木曽駒ケ岳 千畳敷 雪上訓練

12月15日


   ポカポカ陽気で、2年連続雪の少ない雪上訓練になりました。

   アイゼン歩行の練習として、木曽駒の中岳まで登ってきました。


鈴鹿 釈迦ケ岳~羽鳥峰周回コース

12月1日


お釈迦様の寝姿がネーミングの由来らしいですが、

名前に反して雄々しくも荒々しい山でした

釈迦ケ岳頂上は若いカップルでいっぱいで

我々も青春時代をちょっぴり思い出しました

春日井三山  大谷山 弥勒山

12月8日(日)


細野キャンプ場から大谷山 弥勒山と歩いて来ました。

このところ風があり曇って寒い日が続いていましたが、絶好の登山日和となり、

山頂からは御嶽山 乗鞍岳 中央アルプスを綺麗に望む事ができました。

好天に恵まれ次々と登ってくる人が多く山頂はとても賑わっていました。

皆さん 展望に歓声をあげ楽しまれていました。

中央アルプス前衛 吉田山

12月1日


11月16日の定例山行とは別のルートで、吉田山に登ってきました。

戒壇不動ルートを下りましたが、変化があって面白い道でした。

地元の山(藪こぎ)

11月24日


愛岐トンネル群6号トンネル上部の尾根を歩いてきました。

焼山(藪こぎ)

11月21日


今年最後の藪こぎに行きました。

念願の頂上の一歩手前で下山しました。

また挑戦したいと思います。


中央アルプス前衛 吉田山

11月16日


Yさんが初めてのリーダーということで入念な山行準備をされた吉田山に堂所登山口から登ってきました。

途中のキャンプ場からは南アルプス中部、北部を眺めることが出来、しばし眺めていました。

頂上はさらに眺望が広く、秋の一日を楽しんだ登山となりました。

ほぼ下山したあたりに豚コレラ拡散防止の消毒ポイントがあり全員靴を消毒しての下山でした。

紅葉もとてもきれいでした。


春日井三山 弥勒山

11月7日


春日井市健康増進課主催の「歩こうマップ」13番目のコース弥勒山に行ってきました。

今回、「歩こうマップ」として初めて山に挑戦するということで

お手伝いということで会員12名で参加させていただきました。

一般参加者40名、健康増進課、健康マイスター(ウォーキングを支えるボランティア)、春日井峠の会

総勢62名という大人数を3つのグループに分けて秋の一日を怪我もなく、楽しんできました。

公開山行  舟伏山(越美山地)

 11月2日


一般参加の方3名をお迎えして、15名での山行となりました。

爽やかな登山日和の下、倒木を潜ったり跨いだり変化もあり、とても歩きやすい登山道でした。

     紅葉には若干早く、山はまだ緑いっぱいでした。

     ここは遥か昔は海底だったそうで、山頂はサンゴ礁でできているそうです。

      花の季節に是非また登りたいと思いました。

白山山系 赤兎山と経ケ岳

11月2日~4日


11月2日~4日に

白山山系の赤兎山と経ケ岳に行ってきました。

山頂部は落葉が始まっていましたが、中腹は紅葉がとてもきれいでした。

大判山(藪漕ぎ) 岐阜・長野県境

 10月26日


広河原から、急坂の尾根を直登し、笹をかき分け大判山に登りました。

山頂からは、北・中央・南アルプスの山々を眺望することができました。

常念山脈縦走

9月24日~28日 



北燕岳では、ガスに包まれましたが、おかげでブロッケン現象を見ることができました。

燕岳~大天井岳~常念岳~蝶が岳と、天気に恵まれ、

道中ずっと槍穂高連峰を眺めながらの素晴らしい山行でした。

経ヶ岳

10月10日

7合目までの、ダラダラした長い坂道の上り下りは、本当に疲れました。

8合目の展望は素晴らしく、南アルプスの山並みと、伊那の町がきれいでした。

戸倉山(伊那富士)

10月9日

入る人が少ない沢コースを選んで、日向の滝の横の急な尾根を登りました。

下山は、沢コースの急坂を下りました。

山伏岳(秋田県)

10月5日

秋田県の湯沢にある山伏岳へ、登ってきました。

天候が悪く、計画の半分で帰ってきました。

紅葉もまだまだで、頂上が少し赤くなっている程度でした。

火打山・妙高山

9月27日・28日

紅葉には若干早かったですが、高谷池・天狗の庭の草紅葉は、見事でした。

妙高山への登りは、岩トレが連続しているような厳しさでしたが、

雨に降られることもなく、楽しむことができました。

日向山~甲斐駒ケ岳 縦走

9月25日~27日

テントを背負い、荷物の重さに悲鳴を上げながらも、念願のルートを歩くことができました。

好天に恵まれ、遠くは穂高や立山連峰まで望めました。

剱岳

9月13日(金)~14日(土)


3連休より1日前に 劔 に挑みました。

早朝 真っ暗な早朝より登山開始 終日 天気に恵まれ 最高の景色を堪能

小渋川渡渉 (赤石岳小渋登山口)

9月20日

しばらく雨が降らなかったので、渡渉のチャンスと思い出かけました。

水量は少なかったが、それでも川の流れは激しく、渡渉は簡単ではありませんでした。

富士見台

今夏は雨にたたられ、久しぶりの山行です

             富士見台山頂(1685ⅿ)は残念ながら恵那山・富士山は雲の中です。

               桂の林があって、キャラメル焦がしの甘い匂いがします。

雨飾山

9月7日

雨飾高原キャンプ場、登山者サイトにテン泊したおかげで、

早朝涼しい内に、登ることができました。

リンドウ、トリカブトの紫が、登山道を彩っていました。

西吾妻山(福島県と山形県の県境)

8月21日

木道あり、池塘あり、湿原あり! 火山山群のこの山は、

大きな岩と斜度も併せ持ち、変化があり魅力のある山でした。

東北の花と空気は、既に秋を迎えていました。

北アルプス 唐松岳  

8月17日・18日

雪渓の手前の岩場で、オコジョがチョロチョロしており、可愛かったです。

動きが素早くて、写真が撮れず残念でした。

南アルプス 荒川三山から赤石岳縦走

8月9日~12日

最高の天気、花畑、雷鳥、ブロッケン現象、満天の星空、2度のご来光

ラッキーでスケールの大きな、8人の山旅でした。

北アルプス 白馬岳~唐松岳

8月1日~4日

天候に恵まれ、大雪渓から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ケ岳、不帰の嶮、唐松岳と

縦走してきました。

南アルプス 仙丈ヶ岳 東尾根 

藪漕ぎ 8月1日・2日

2年越しの藪ルートを登り切り、仙丈ケ岳の頂上に立った。

ハイマツの中を泳いだり、雷雨に遭ったりと、道のりは簡単ではなかった。

白山国立公園  三ノ峰(2,128m)  7月29日

台風通過後の28日、三ノ峰下の小池キャンプ場にテントを張り、苅込池周辺を散策しました。

初めて黒サンショウウオに出遭い、感激でした。翌日は、晴天を期待し、三ノ峰に登りました。

曇天とガスで、景色はダメでしたが、沢山の可憐な花々(ササユリ、ハクサンフウロ、ナデシコ、クガイソウ

テガタチドリ、シモツケソウ、シオガマ、カライトソウ…など)が咲いていました。

ニッコウキスゲやキンバイなどの花畑も素晴らしく、花畑の上を無数のトンボが飛び交っていました。

硫黄山 知床すみれを求めて


ガスと強風の中、ようやく知床すみれを探し当てました。

一見、普通のスミレですが、硫黄山から南岳の間にしか咲かない、貴重な固有種です。

知床 木下小屋の改修工事


6月1日から7月7日まで、木下小屋に滞在し、オープンデッキの改修を手伝いました。

好天に恵まれ、改修工事は順調に進み、予定より早く終了しました。

土台から作り直し、外観は昔の風情を残しました。

水曜ハイキング(弥勒山周辺)


春日井峠の会では毎週水曜日に弥勒山を中心にハイキングを行っています

今回は通称「竹のベンチ」を経由して弥勒山を登ってきました

誰でも参加できます

水曜日午前9時に少年自然の家第3駐車場においでください。

幻の未踏峰


小学校3年生と4年生の子(将来の会員?)が作り上げた未踏峰

現在は食べられてありません。

清掃登山 2019年春 6月2日


第47回 愛知、三重 労山主催の 鈴鹿山系清掃登山に参加しました

  標高差 約900m を登り 9合目避難小屋に到着。 

  ここで 受付を済ませ 早めの昼食 

参加者全員による集会の時は 風は強くなり 労山会旗 峠会旗 他旗は

  凧のように なびいていました。

  ハルザキヤマガラシ駆除作業開始後 急にガス発生 台地上の駆除場所に於いて全く方向がつかめず

  遭難も起こりうる可能性の為 途中で切り上げる(写真ありません(´;ω;`)

  下山時 ゴミ回収しましたが ほとんどありませんでした(写真参考)

  終日 曇天でした。

公開山行

簗谷山(やなだにやま)1214m  5月25日

 

下呂市の簗谷山に公開山行で行ってきました。

会員外の方も多数参加して下さって新緑の山歩きを楽しみました。

山頂から目の前に御嶽山と乗鞍岳!そして真っ白な北アルプスの展望が望めてなかなかの絶景でした。

下山は気持ち良いブナ林コースを歩き 帰りに飛騨金山温泉で汗を流してきました。

福井県の岩籠山(標高765.2m) 定例山行 5月11日


登りの市橋コースは、沢の渡渉が20回くらいあり、変化に富んだコースでした。

頂上は、360°の眺望、頂上から少し移動したインデアン平原は大きな岩が点在する面白い景観でした。

快晴に恵まれ、イワカガミの白やピンクの花が可憐で、疲れを癒してくれる山旅でした。

夏山に備えて 岩稜帯 通過訓練   5月12日 


夏山に備えて岐阜の芥見権現山で岩稜帯通過の訓練を行いました。

岐阜の芥見権現山は夏山の岩稜帯通過を訓練するためにちょうど良い岩場があり、行ってきました。

通過と言うよりはクライミングに近い箇所もありますが、あまり人が上っていない権現山の西側の岩稜帯を登り、

よく登られている東側の岩稜帯を下山路に使い、夏山に備えた練習をしてきました。

鈴鹿 御池岳へ 4月定例山行


「晴天に恵まれ、泥にまみれ(?)全員怪我なく無事に山行できました。」

4月の定例山行は鈴鹿山脈の最高峰御池岳に行ったリーダーのお話の一部です。。

コグルミ谷から登り、頂上で一休み、ボタンブチでお昼、鈴北岳を経由して鞍掛峠を経て下山しました。

上部では雪が残り、登山道がぬかるみ、リーダーの感想になりました。

 せっかくのカルスト地形に行ったのにカレンフェルト、ドリーネの写真が一枚もなく、すいません。

それでも時期が早く少ない花の中、花好きの会員が写真を撮っていただけました。


ロープ・ワーク体験

ロープ操作入門者に対してロープ・ワーク体験を緩斜面で行いました。

実際の緩斜面でロープとスリングを使い参加者がそれぞれ試しながら、体験しました。

自己確保のためのロープの結び方

    エイトノット、ダプルフィッシャーマン、クローブヒッチ、ムンターヒッチ、プルージック、クレイムハイスト

支点の取り方

    流動分散、固定分散

確保の仕方

    トップ・ロープ

                             あっという間に一日が終わってしまいました。!!!!!!!!!!!!!


卒業(お別れ)山行

20年間春日井峠の会で登山を楽しんでこられたFさんが3月末で卒業(退会)されました。

総会後の懇親会の中で、「楽しかった~20年間」といわれたのが印象的でした。

事務局長Hさんの呼びかけで3月31日猿投山への山行となりました。

当日は頂上であられが降るなど悪天候でしたが、終始、「わいわいがやがや」とにぎやかな参考になりました。

Fさんはまだまだ元気で、終始先頭で歩かれました。

【鈴鹿 雪の狗留孫山】

前日心配した雪は、高速に影響なく、無事9人で出かけることができました。

狗留孫山も、雪が期待外れに少なく、ワカンの出番は最後までありませんでした。

下山は、枯葉の上に積もった湿った雪をアイゼンががっちり掴んで、高下駄状態を経験しました(笑)。

木漏れ日の中、静かな山を私たちだけで独占できて、気持ちの良い山行でした。        

                                                                                                                         (2019年1月27日)

【 九州からの便り 】

昨年の6月の定例山行で三ノ沢岳のリーダーをされた方が転勤で九州に引っ越されました。

九州での山旅を楽しんでおられる様子が会に届きました。

写真は上から「大崩山11月」、「開聞岳12月」、「大船山1月」です。

「九州にもたまには足を延ばしてください。」とのことです。

【 やっと冬山らしくなった宝剣岳へ 】

朝一のロープウェイで上がった登山者はみんな駒ヶ岳へ向かってしまいました。

ガリガリに凍った厳しい寒さの宝剣北稜を登りきると、素晴らしい展望が得られました。

雪壁の状態が悪く、下りはかなり難しく感じましたが、両手アックスで慎重に降りました。

乗越浄土下の斜面では、目の前で女性が滑落、幸い短い距離だったので大事に至らず、

エスコートしながら無事千畳敷に着きました。        (2018年12月26日)

【 中央アルプス 前高森山 藪漕ぎ 】

吉田山~本高森山の稜線に向かって、先週藪漕ぎした尾根の隣の尾根を、今回も藪漕ぎで登りました。

何と! 10m前方に大きな黒い動物の姿を発見。『ああー、熊に出会ってしまった。』と、どっきりしましたが、

カモシカの親子でした(ラッキー)。

藪漕ぎは、いつものことながら大変ですが、稜線の登山道に出たときは、すごく嬉しく達成感がありました。

登山道は深いところで20cm位の積雪でした。                                                        1月13日

【 中央アルプス前衛「吉田山」への藪漕 】

前日降ったと思われ雪が落ち葉の上に積もっているため、滑りやすく、木々に掴まりながら慎重に登りました。

胸位の高さの熊笹が出てきましたが、隣の尾根の見通しも良く、道に迷う心配はありませんでした。

予定より時間がかかり、稜線まで行きませんでしたが、12時のサイレンを合図に、来た道を下山しました。

下山途中から、南アルプスにかかっていた雲がとれてきて、雪を頂いた山々が樹間越しに見えました。

                                      (2019年1月5日)

【 初日の出 弥勒山 】

あけましておめでとうございます。

弥勒山での初日の出を楽しんできました。

何と当会のメンバーが4名もいました。                   (2019年1月元旦)

【 クライミング 芥見権現山 】

岐阜の芥見権現山にクライミングに行ってきました。

春日井をゆっくり出発して現地に着いたら、なんと大盛況、

ルートが13本ほどあるのにほぼ埋まっている感じ  (*_*; 

それでも楽しく過ごさせていただきました。                  (2018年12月16日)

【 12月 訓練山行 雪上訓練 】                                

会恒例の雪上訓練、ここ数年千畳敷で実施してきましたが、今年は積雪10cmと異常なほど雪が少ない。

秋草が枯れた状態で雪面に伸びている状態、通行規制のロープもしっかり確認でき、夏道を歩く始末

残念ながらロープもビーコンも持参したのにアイゼン歩行のみ。

ワカンの付け方を練習。歩行訓練はできませんでした。            (2018年12月9日)

【 秋の雨飾山 個人山行】

昔祭壇を設け、雨乞いをしたと言う花の名山ですが紅葉もきれいです。

一昨年は雨で荒菅沢で引き返しましたが、今回はその綺麗な紅葉と山頂の景色を楽しむことができました。

露天風呂では、紅葉に囲まれてゆったりとした気分に浸れました。       (2018年10月7日~8日)

【 訓練山行 地図読み 】 

毎年行っている地図読み、今年は自分の位置を地図上で確定する同定、コンパスのみで目標に到達する方法、

国土地理院の地図ー地形図のみーで目標点に移動するなどを試みました。(少し欲深い) 

                                                                                                                               2018年11月18日             

【 秋 公開登山 笙ケ岳 】

養老山系の笙ケ岳に行ってきました。参加者13名(うち一般2名)ちょっと少なめです。

春日井市のクリーン作戦と重なってしまって、行けなくて残念がるメンバーを置いての山です。

登山道にあったなめこは、美味しかった !!!     (2018年11月11日)

【 沢登 阿木川 】

阿木川に沢登に行ってきました。

当日は思いもよらぬ風神神社の例大祭、ご親切に地元の方に駐車場所を用意していただけました。

ありがとうございました。

気温は高かったのですが、、綺麗な水でさわやかさわやかな沢登でした。  (2018年8月30日) 

【 定例山行 北アルプス ジャンダルム 】

岳沢-天狗のコル-ジャンダルム-奥穂 と2泊3日で行ってきました。

3日とも天気に恵まれ、気持ちの良い夏山でした。

金曜日発のせいか、小屋もこの時期としてはすいていました。   (2018年8月3日から5日)

【 6月 定例山行 中央アルプス 三ノ沢岳 】

中央アルプスで主稜線から少し離れている三ノ沢岳に行ってきました。

雪が全くないところ、大量の雪が残っているところと最後の雪山を楽しみました。

三ノ沢岳へ登りで咲いていた桜が綺麗でした。          (2018年6月9日)

【 奥大日岳 テン泊 】

大きな雪庇が出来ることで有名な奥大日岳へ、その雪庇と冬毛の雷鳥を見たいと立山駅駐車場で前泊して雷鳥沢で1泊のテント泊で行ってきました。(2018年4月19日~21日)

【 芥見権現 岩トレ 】2018年5月19日

岩トレ:岩稜登攀とトラバースの訓練を8名で行いました。